いらないお酒はどうしてる?不要なお酒の捨て方 | お酒の高価買取 福ふく

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

いらないお酒はどうしてる?不要なお酒の捨て方

家庭に眠っている不要なお酒や頂き物等の大量の不要なお酒に、「どうやって処分すればいいのか?」と悩む人が多いかと思います。また、引っ越しや片付けの際も、不要なお酒の捨て方には困ることがありますよね。そんな人のために、「不要なお酒の捨て方」を紹介していきます。

キッチンに流す

a0001_015710

ビールなどのアルコール度数の低いお酒は、キッチンで流してしまうのが手軽でしょう。しかし、アルコール度数の高いお酒や匂いの強いお酒の捨て方には、注意が必要です。

アルコール度数の高いお酒は

ウイスキーや洋酒など、アルコール度数の高いお酒や匂いの強いお酒を大量にキッチンから流してしまうと、匂いが残ってしまいます。また、アルコールが空気中に充満してしまい、具合が悪くなってしまうという可能性も出てきます。
もし、キッチンから流すという場合には、一気に流さずに、時間を空けて流すようにしましょう。また、十分に換気するのも忘れないようにしてください。

劣化しにくいお酒は買取やオークションへ

a0001_017879

「お酒をそのまま流すのはもったいない!」という人もいるかと思います。そのような人には、「買取」や「ネットオークション」がオススメです。日本酒やビールといったお酒は、時間とともに劣化していきます。長期間の保管には向いていないお酒ですので買取では、比較的査定額が低いです。
しかし、ウイスキーやワインなどのお酒は、長期保管に向いているお酒で買取額も高い傾向があります。これらのお酒は、長期保管していた場合でも売りに出してみましょう!

買取に出してみる

お酒が大量に余っている場合でも、少量しかない場合でも、買取店に出すのは非常に便利な方法です。急な引っ越しなどの場合でも、買取店に持っていけば、すぐに査定して買い取ってもらえます。不要なお酒を処分でき、お金にもなるのでメリットが多いです。
「買取店に持っていくのが面倒だ」という人には、出張買取サービスがあります。家でお酒を引き取ってもらい、査定してくれます。こちらは手間もかからず、非常に便利です。
ただし、劣化が激しいお酒や、ボトルが破損しているものは、買い取ってもらえない場合もありますので注意してください。

ネットオークションに出品

「買取してもらう」という方法の他に、「ネットオークションに出品する」という方法があります。
こちらは、以下のような手順を踏まなければいけません。

・ オークションサイトに登録する
・ 商品説明分の入力や、出品価格などの設定
・ 落札後の取引

このような作業をするのが面倒と感じる人には不向きかもしれませんが、場合によっては、「買取に出すよりも高く売れる」ことがあります。特に、人気の銘柄、希少な銘柄は、落札価格が高くなる傾向があります。自分の持っているお酒の銘柄を確認して出品しましょう。

飲食店などの場合は?

a0001_011413

一般の家庭と違って、飲食店には大量にお酒があります。閉店する場合や、在庫を一掃するという場合は、メニューに追加する以外に大量のお酒をどう処分するかが悩みどころですよね。
「キッチンに流す」という方法だと、相当な量を流すことになりますので、かなり手間も時間もかかってしまいます。

何より、下水から、近所の家庭にアルコールの匂いが上がってきてしまうということもありえます。これでは、悪臭騒ぎとなってしまい、最悪の場合は事件になってしまうということもあります。ではどうすればいいのか?飲食店向けの不要なお酒の捨て方を紹介していきます。

買取店に出す

「買取店に出す」という方法は、一般の家庭だけでなく、飲食店の大量のお酒でも可能です。「買取店に持っていくのが不可能」というお酒の量なら、出張買取サービスを利用しましょう。

ガレッジセールを開く

不要なお酒を、「ガレッジセール」として売って処分するという方法もあります。お酒以外だと、不要な家具や食器などを、庭先や店舗前で売っている光景はたまに見かけます。
運搬する手間もなく、店舗前や店舗内で売るだけならあまり手間もかからず、お金になりますので効率が良いです。

しかし、この方法は「免許」が必要になってくる場合があるので注意しましょう。フリーマーケットやバザールといったところで、一時的にお酒を販売するのには、免許を必要としません。
「ネットオークションで何度もお酒を出品する」、「長期間にわたってガレッジセールを行う」といった場合には、「継続的な販売」という項に触れてしまい、違法とみなされることがあります。
ガレッジセールは、しっかりと法律を確認した上で行ってください。

まとめ

SW195_L

いかがでしたでしょうか?「不要なお酒の捨て方」について、いくつかの方法をまとめてきました。深くご理解いただけたかと思います。
いずれの方法にしても、そのメリット・デメリット、注意点を十分に把握した上で行うことが重要です。今持っている不要なお酒を、効率的に処分していきましょう。

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら