お酒の買取価格の基準がどうやって決められるのか | お酒の高価買取 福ふく

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

お酒の買取価格の基準がどうやって決められるのか

ここ数年、お酒の買取業者が増えていますが、業者によって買取価格が異なります。またリサイクルショップでもお酒の買取をしていますが、ここでも値段が異なります。
そもそも、お酒の買取は一体何を基準に価格を決めているの?適当に決めているのでは?と思っている人もいることでしょう。

そこで今回は、お酒の買取価格の基準についてお話します。お酒の査定を出すときや、実際に買取をお願いするときの参考にしてください。

査定を依頼する前に賞味期限に気を付けよう!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s-300x200-1-300x200

お酒には賞味期限がないと思っている人が結構いるようですが、実は美味しく飲める期限である『賞味期限』があるものが存在します。

ビールの賞味期限

ビール:冷暗所での保管なら約9カ月間が美味しく飲める時期。瓶の場合はラベルに、缶の場合は底面に賞味期限が記載されています。

日本酒の賞味期限

熱加工をしている日本酒の場合は製造から1年以内、吟醸、純米、生貯蔵酒は製造から約10カ月。生酒は熱加工をしないため製造から6~7カ月が飲み頃ですが、常温保存の場合は製造から約8カ月です。

ウイスキーの賞味期限

アサヒビールの公式HPによると、保管状態に問題がなければ10年かそれ以上の時間が経過しても中身に変化はないそうですが、一番良い状態のものを販売しているため、早めに飲むことをすすめています。ボトルに詰められたウイスキーは、熟成されることがないので、ボトリングされた年が賞味期限の目安になることが多いようです。

焼酎の賞味期限

アルコール度の高い焼酎は、基本的に適切な保存状況を保っていれば、品質劣化の少ないお酒で、ある意味賞味期限のないお酒と言えます。

ラム酒・ブランデーの賞味期限

ラム酒・ブランデーもアルコール度が高いので、焼酎同様に適切な保存状態を保つことができれば、賞味期限のないお酒と言えます。

リキュール類

リキュール類はアルコール度や使用されている原材料により賞味期限が異なります。アルコール度が高い、かつ糖分が高いリキュールは数年単位で品質を保ちます。しかしアルコール度が低くかつ糖分低めのリキュールになると賞味期限は短くなります。

お酒の保管状態

shutterstock_449578963

コルク栓のものは、室温が高いと蒸散して中身が減っていることがあります。蒸散していると買取価格も下がってしまいます。

また、ワインは日本の気候での常温保存では、しっかりとコルク栓をしていても寒暖の差がはっきりしているため、劣化してしまいます。買取の場合、ワインセラーで保管しているかどうかが高価買取のポイントとなります。正しい方法で保管されていたワインなら、通常よりも高い価格で買取してもらえることが多いようです。

日本酒なども、適温・適度な場所で保管しておかないと味が落ちるのが早くなるため、どんなお酒でも保管状態はとても重要なポイントとなります。

外箱や付属品の有無と状態

ヘネシー-XO-金キャップ-クリアボトル-1

お酒の買取は中身のあるお酒がメインですが、販売時の専用ケースや木箱、ボトルキャップなども査定対象となります。付属品や外箱がある場合には一式そろっているほうが、お酒単体よりも買取の価格を高くつけてくれます。

また一式そろっていても。箱の一部に傷があったり、箱がつぶれている、グラスやクリスタルの替え栓がかけているといった状態の時には、少し買取価格が下がってしまいますが、お酒単体で買取するときよりは高い値段が付きます。

お酒の買取業者は他にもこんなものを目安にしている

a60b12872b2cccc9fa6e3de3a30bf90d_s-300x200-1-300x200

お酒の買取業者は、お酒本体や付属品、保管状況などといったもののほかにも、買取価格を決めるときの参考にしていることがあります。売る側としてはあまり意識しない、市場の流通量や、自社での買取実績、過去の取引例などです。

自社での買取実績を参考にする

お酒の買取価格を決める基準として、商品の状態以外に真っ先に参考にするのが『自社の販売実績』です。一度自社で販売したお酒はそこからさらに必要とされるお店や個人に販売されます。一度自社で販売したお酒はこの値段で売れるから、ここまでなら買取価格として出せるという基準があるのです。

ネット上での取引価格を参考にする

お酒の買取価格を決めるときに、自社での買取や販売実績のないものは、インターネット上での買取や販売価格を参考にすることがあります。

オークションの取引価格を参考にする

このパターンは数少ないですが、国内で正規輸入されていない商品や、海外限定のお酒、平行輸入のお酒などが多くあります。そういった日本国内で入手困難なお酒や、世界レベルで入手困難なレアなお酒の買取価格を決めるときに、オークションの価格を参考にする場合があります。

お酒の買取価格は様々な要因で決まる

flow5-1-300x225-1-300x225

今回はお酒の買取価格の基準についてお話しました。希少価値の高い、レアなお酒はネットやオークションでの買取価格を参考にすることが多いですが、一般に出回っているお酒に関しては、商品の保存状況や外箱・付属品の有無や保存状況によって買取価格が左右されることが多いです。

お酒を高く買取ってもらいたいならまずは保存状況などをチェックしましょう。そして複数の買取店で査定を出してもらうことです。

福岡県北九州市のお酒買取専門店「福ふく」でも、獺祭は高価買取商品となっております。査定は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら