なぜ悪酔いするの? 悪酔い防止にはカプレーゼがおすすめ | お酒の高価買取 福ふく

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

なぜ悪酔いするの? 悪酔い防止にはカプレーゼがおすすめ

安いお酒は悪酔いするとか、いいお酒は悪酔いしないなんて耳にしたことはありませんか? 確かに安いお酒を飲むと悪酔いをしてしまうというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、ほんとうに安いお酒は、悪酔いするのでしょうか?

悪酔いとは?

03e51c0344ac1efc86b5c6a6933421d5_s

悪い酔いと書いて悪酔い。そもそも、悪酔いとはどんな状態のことなのでしょうか? よく、あの人のは悪いお酒だねなどと言ったりしますが、それは酒癖のこと。酔ってしつこく絡むとか、泣き上戸、怒り上戸などもこの手合いでしょう。それはそれで迷惑だったりもしますが、体調に影響があるわけではありません。悪酔いというのは飲酒した本人の体調に悪い影響を及ぼす酔い方のことなのです。

酔っている状態

3e946bcb9fff34be1cd71718f96834f3_s

お酒の成分はアルコール。アルコールにはエタノール(エチル・アルコール)、メタノール(メチル・アルコール)、プロパノール(プロピル・アルコール)などの種類がありますが、飲酒できるのはエタノールだけです。厳密に言えば、お酒には若干のメタノールも含まれるのですが、基本的にメタノールとプロパノールは工業用アルコールです。エタノールは高価で、メタノールは安価なために昔は、メタノールをお酒の代用品とすることもありましたが、現在は禁止されています。エタノールが摂取されてから排出される前の段階、体内に存在している状態のとき、酔っているということになります。

飲んだお酒の行方

お酒を飲むと、摂取されたアルコールは食道を通って胃に運ばれ吸収されます。胃では20%ほどが吸収され、残りは小腸へ向かいます。小腸では残りの80%が吸収されるのですが、胃や小腸で吸収されてもアルコールが消えるわけはなく、結果的には摂取されたすべてのアルコールが血液に溶け込みます。血液と一体化したアルコールは肝臓に運ばれ分解されるのです。エタノールの化学式はC2H5OH。Cが炭素でHが水素、Oが酸素ですから、最終的には水(H2O)と二酸化炭素(CO2)に分解されることになるわけです。水に分解されれば汗や尿として、二酸化炭素に分解されれば呼気として排出されるのです。

お酒に強い人と弱い人

611dcc4170c00b4c855ef80e186688ce_s

最終的には水と二酸化炭素に変わるアルコールですが、いきなり変化するわけではありません。最初はアセトアルデヒドという物質に、次に酢酸、そして水と二酸化炭素に分解されていくのです。
第1段階のアセトアルデヒドが、よく二日酔いなどで悩まされる、頭痛や吐き気などの不快な症状を引き起こすのです。この不快な症状をフラッシング反応と言います。お酒に強いと言われる人はフラッシング反応が見られませんが、お酒に弱いと言われる人は顕著です。

悪酔いのメカニズム

ご紹介してきた酔いのメカニズムを考えればお気づきだと思いますが、お酒を口にしたからといって、すぐにフラッシング反応が出るわけではありません。胃や小腸で吸収されたアルコールが肝臓に運ばれ、分解が開始されるまでは少なくとも30分はかかります。でも、この間に大量にお酒を飲んだらどうなると思いますか? そう! 分解が追いつかなくなるのです。

フラッシング反応が出にくい人ならなおさらです。フラッシング反応が出ないから酔っていないと解釈、調子に乗ってさらに大量に飲んでしまうかもしれませんね。分解が追いつかなくなるとアルコールはそのまま血液中を漂うことになるのです。いつまでも、いつまでもアルコールが居座り続ける状態。体にとってよいわけがありません。これが悪酔いと呼ばれる状態です。

悪酔いと二日酔いの違い

5c0392957aadda120226c74b437e1a34_s

体内にアルコールが残りつづけることで起こるのが悪酔いですが、このときアルコールは血液中に溶け込んでいるので、血中アルコール濃度は当然、高いと言えます。ところが、時間が経って、アルコールの分解が進んでもなお、悪酔い特有の不快な症状が出ることがあります。このときはもう、アルコール分解が進んでいるので血中アルコール濃度は低いはず。それなのに悪酔いの症状が見られる状態を二日酔いと言うのです。

体はがんばっている

悪酔いの原因はアルコール分解の能力を超えて飲んでしまうことですが、それでも私たちの体はがんばってくれています。体にかかった過剰な負担をはねのけるべく、吐き気というサインを出すのです。人がなぜ嘔吐という行為をするのか、科学的にはまだ解明されていないのですが、生命を守るために胃物を吐き出すというのは至極当然ですよね!? 考えるに摂りすぎたアルコールによって、血中のアセトアルデヒドの量が危険な領域に入ったということではないでしょうか? 嘔吐は苦しいものですが、終わってしまえばスッキリ、楽になるもの。がまんしないで自然に任せた方がよいでしょう。

悪酔いしないために

84cda44087137601f7e43e3f5ee2b762_s

体のためにはやはり、悪酔いしないことが一番です。悪酔いしないためには、お酒を飲むなら体調のよいときにしましょう。睡眠不足や空腹時の飲酒もいけません。アセトアルデヒドの分解がうまく進まないのです。連日にわたって飲むのもお勧めできません。肝臓が疲弊して機能が低下します。肝機能を向上させたいなら良質なたんぱく質とビタミンを摂りましょう。どちらもアルコールの分解には欠かせない栄養素です。

悪酔い防止は?

28c79ef1afe5b2cd56374379123da8d0_s

飲む前にチーズなどの乳製品を摂ればアルコールの吸収を遅くすることができます。また、トマト・ジュースを飲むと血中アルコール濃度が3割も低下することがわかっています。アルコールが排出される速度も格段にスピード・アップするのです。これは、トマトの水溶成分がアルコール分解酵素の働きを活性化するから。つまり酒席で人気のカプレーゼは間違いなくお勧めの一皿と言えるのです。

その昔、安いお酒が悪酔いすると言われていたのはメタノールを代用していたり、エタノールに混入させていたから。ほかにも得体のしれない不純物がいっぱい入っていたのでしょう。でもメタノールは口にすれば死に至る類の危険なアルコール。そうまでして飲みたいと思ってしまうアルコールってある意味、怖いですね。
自分の体調や限度をしっかり把握して、飲酒を楽しみましょう。

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら