福岡のお酒買取専門店 福ふく | 全国対応で無料査定・高価買取中!

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

クオリティの高いブランデー バロン・オタールとは?

「バロン・オタール」というブランデーをご存知でしょうか。バロン・オタールは、コニャックファンからクオリティの良さを高く評価されている銘柄です。現在はバカルディ社がオーナーとなっています。他のブランデーに比べて、なめらかで飲みやすいと言われているバロン・オタール。今回はそんなバロン・オタールの歴史や商品、風味についてご紹介します。

バロン・オタールとは

オタール VSOP

ブランデーというと、「コニャック」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
コニャックとは、フランス西南部にある川沿いの地域のことです。ここで生産されたブランデーを主に「コニャック」と呼びます。原料には、ユニ・ブランというぶどうが使われることが多いです。ブランデーの原料は100%ユニ・ブランかというとそういうわけではなく、バロン・オタールでは「ユニ・ブラン 90%」「コロンバール、フォルムブランシュ 10%」といった割合でブレンドされることが多いです。

長い歴史のあるブランデー

バロン・オタールは、コニャックのなかでも長い歴史を持つ銘柄で、創業は1795年と言われています。創業者は、ジャン・バティスト・オタール。ジャン・バティスト・オタールの祖父は、戦争で功績を挙げ、男爵の爵位与えられました。ジャン・バティスト・オタールは、それを引き継いだため、コニャック銘柄「バロン・オタール」には「バロン=男爵」という名前が付いているのです。

製造場所が独特なバロン・オタール

バロン・オタールは意外な場所で作られています。それはコニャック城(シャトー・ド・コニャック)の地下。コニャック城は、10世紀にノルマン人の進行を防ぐ目的で作られました。
それから数百年以上経った1796年に、ジャン・バティスト・オタールが、コニャック製造用に購入。コニャック城の地下は、湿度が高く、その値は90%を超えるとも言われています。
この環境がブランデーの熟成に関係しているらしく、バロン・オタール独特の高いなめらかさは高湿度下での熟成によるものだと考えられています。なお、コニャック城は一般に公開されている日もあるため、フランスを訪れた際は見学してみるのも良いかもしれません。

バロン・オタールのおすすめは?

オタール-VSOP-1

バロン・オタール エクストラ

バロン・オタールのおすすめのブランデーは、「バロン・オタール エクストラ」です。ブランデーというと、鹿や書籍といったユニークなボトルデザインのものも多いです。
一方でバロン・オタール エクストラは涙の雫のような、シンプルなデザイン。ブランデーは、オレンジとブラウンの間くらいの色です。その見た目からは豪華さは感じられにくいのですが、バロン・オタール エクストラは、最高級・贅沢・濃厚と形容されることが多いです。
飲み終わった後も余韻が残り、よりラグジュアリーな時間を楽しむことができるでしょう。「葉巻との相性が良い」というと人もいます。食後にストレートで飲み、ゆったり過ごす際におすすめのブランデーです。価格は、4万円前後。

バロン・オタールVSOP

「数万円出して買ったのに味が合わなかったら嫌だ」という方は、「バロン・オタールVSOP」を飲んでみてはいかがでしょうか。先ほどのエクストラよりもかなり安く、700mlで3千円~4千円ほどです。
商品名の「VSOP」とは、「Very Superior Old Pale」の略称。日本語にすると、「とても古く、優れた澄んだブランデー」のことです。熟成年にすると、VSOPは平均7~10年のものが多いそう。(VSOPやXOには国際的基準が無いため、目安となっています)

バロン・オタール VSOPは、エクストラより熟成年が短いのは事実なので、エクストラほど濃厚さはありません。しかし、バニラの香りがパッと広がり、エレガントでドライな味わいを楽しむことができます。ワインやウイスキーなどでもすっきりした味が好きな方はバロン・オタールのVSOPが合うかもしれません。

バロン・オタールの飲み方は?

shutterstock_611171723

バロン・オタール、特に「バロン・オタール エクストラ」を飲むのであれば、味だけでなく、しっかりと香りも楽しみたいところです。そのため、普段使っているグラスではなくブランデーグラスを用意して飲んでみると良いでしょう。ブランデーグラスと言うと、高そうと言う印象持つ方も多いかもしれません。しかし最近では老舗の食器ブランドでも1000円前後で手に入るブランデーグラスを出しているところもあります。
最近では、香りが逃げないように蓋がついているタイプのものや、体の体温が伝わらないように2層構造となっているブランデーグラスもあります。
お気に入りのブランデーグラスで飲めば、香りを楽しむだけでなく、気分も高まってより贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。この機会にブランデーグラスの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

オタール-ナポレオン-2

今回はバロン・オタールのブランデーをご紹介しました。古城の地下で作られる、なめらかさ満点のブランデー。ぜひ飲んでみてください!

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら