グレーン・ウイスキーとは?バーボンとの違いも解説! | お酒の高価買取 福ふく

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

グレーン・ウイスキーとは?バーボンとの違いも解説!

ウイスキーを作るのに使う原料は1種類ではありません。それによってウイスキーの種類が分かれたり、産地によって呼び方が変わることもあります。
そのため、ウイスキーには種類や名前がいくつもあるので、初心者にとっては覚えるのが難しいかもしれません。

ビールやカクテルの種類は把握していても、ワインやシャンパン、ウイスキー、バーボンなどの種類がイマイチわからないという人が多いのかもしれませんね。
お酒をもっと楽しむためには、ある程度の知識があった方が、より一層楽しめますよね。今回は、グレーンウイスキーを始めとするいくつかの種類やウイスキーとバーボンの違いについてお話しします。

グレーン・ウイスキーとは?モルト・ウイスキーとの違い

75f43880d2766fcb1d1a13b78ed6e8ca_s

グレーン・ウイスキーとは、ウイスキー原酒の一つです。ウイスキーの原酒には、グレーンとモルトの2種類があります。この2つの違いは原料と製法にあり、この2つを組み合わせて造ったウイスキーをブレンデッドウイスキーといいます。

グレーン・ウイスキーの原料と製法

グレーン・ウイスキーの原料は、トウモロコシ、小麦、麦芽などです。これらの原料を発酵させてから、連続式蒸溜機で蒸留し、樽で熟成させた後に流通されます。グレーン・ウイスキーは、サイレントスピリッツと呼ばれるほど、軽やかで主張しない風味が特徴です。

モルト・ウイスキーの原料と製法

モルト・ウイスキーの原料は、大麦の麦芽です。グレーン・ウイスキーと同じく、原料を発酵させますが、蒸留の段階から製法が違います。大麦の麦芽を発酵させた後、銅製のポットスチルを用いた単式蒸溜器にて2回蒸溜されます。蒸留後はオークの樽で熟成されてから、流通されます。

グレーン・ウイスキーとは対照的に、モルト・ウイスキーはラウドスピリッツと呼ばれるほど、主張の強い風味をしています。熟成するオークの樽ごとに風味が違うので、同じモルト・ウイスキーでもいろんな風味を楽しめます。味わいも深く強い目なので、ブレンドの際も配合率などにかなり注意して使用されます。

バーボンとウイスキーの違い

ecd68d81d3f17dfcac6deb3459e27ff1_s

バーボンとは、正式にはバーボン・ウイスキーと言い、アメリカのケンタッキー州で造られているアメリカンウイスキーの一種です。ウイスキーには変わりないのですが、産地限定での呼び方になっており、ケンタッキー州のウイスキーをバーボンと呼んでいます。
しかし、同じウイスキーでも産地によって多少、原料の配分や製法などが違います。

バーボンの場合は、原料に使われる穀物類の中でトウモロコシは51%以上で配合すると決まっています。また、蒸留の際は80度以下の温度に設定して、熟成の際にはホワイトオークの内面を焦がした新しい樽で行われます。バーボンの味の特徴は、華やかな香りです。少し赤目の色味とマッチした華やかな香りが口に広がり、至福の時を過ごせます。

他にもある!グレーンとモルト以外のウイスキーの種類

cf713d06a535d52575ec75e5e6385cd2_s

ウイスキーには、グレーン・ウイスキー以外にも、まだまだ種類があります。
ここで、グレーンとモルト以外のウイスキーをご紹介します。

ライ・ウイスキーの原料と特徴

世に売り出されているライ・ウイスキーの大半は北アメリカを中心に作られていて、ライ麦を主原料に作られたウイスキーの事をライ・ウイスキーと呼んでいます。ライ麦パンと同様にライ麦由来のかすかな苦みがあり、ピリッとしたスパイシーなものを「ペンシルベニア・スタイル」、まろやかなものを「メリーランド・スタイル」と呼びます。

コーン・ウイスキーの原料と特徴

コーン・ウイスキーは、グレーン・ウイスキーの原料のうち、トウモロコシを80%以上含ませて造ったアメリカのウイスキーです。コーン・リカーとも呼ばれており、熟成期間は半年前後とバーボンと比べるとかなり短いです。

これは、蒸留の段階でエタノール濃度が80%以下になるように造られているため、熟成する義務がないからです。また、熟成に使う樽の内面はバーボンのように焦がすこともないので、特有の赤みもなくコーンに近い色をしたウイスキーです。

ブレンデッド・ウイスキーの原料と特徴

ブレンデッド・ウイスキーは、2種類以上のウイスキーを混ぜて造ったウイスキーです。しかし、産地によってブレンデッド・ウイスキーの定義が異なります。

例えば、スコッチウイスキーで有名なスコットランドでは、ウイスキー原酒のモルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたものをブレンデッド・ウイスキーと言っています。

一方、アメリカでは、ストレートウイスキーをアルコール度数50度とした場合の20%にその他の種類のウイスキーやスピリッツをブレンドしたものをブレンデッド・ウイスキーと言っています。アメリカンウイスキーにおいてのストレートウイスキーとは、コーン・ウイスキー以外のバーボン・ウイスキーやモルト・ウイスキー、ライ・ウイスキーを2年以上熟成させたもののこと言います。

そして、スピリッツというのはストレートやオン・ザ・ロック、カクテルベースなどに使われるアルコール度数の高い蒸留酒のことです。

まとめ

fc4b621be9dc7f33d37ad423ce7f5628_s

このように、ウイスキーにはグレーンとモルトの原酒をメインとして、様々な種類があります。また、産地によって限定的にバーボンというような名前がつくので、全く別物のお酒のように思いますが、実は全てウイスキーだったりしますので、種類の違いを把握して存分にウイスキーを楽しめるといいですね。
シャンパンとスパークリングワインのように、ウイスキーにもいろんな名前があり、そこに歴史もあるのです。

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら