シャトー・ド・ブルイユとは?飲み方も解説! | お酒の高価買取 福ふく

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

シャトー・ド・ブルイユとは?飲み方も解説!

今回はシャトー・ド・ブルイユのブランデーについてご紹介します。
ブランデーは一般的にブドウから作られますが、シャトー・ド・ブルイユのブランデーは主に林檎から作られます。そんなシャトー・ド・ブルイユのブランデーは、どのような味がするのでしょうか。
シャトー・ド・ブルイユの代表的なブランデーと、飲み方もふまえてみていきましょう。

シャトー・ド・ブルイユとは?

shutterstock_541014421

シャトー・ド・ブルイユは、ブランデーの銘柄の名前です。
製造所はフランスのノルマンディー地方にあり、銘柄にある「ブルイユ」は、そこにある村の名前に由来しています。

ワインは、赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインといった種類があるように、ブランデーもいくつかの種類に分かれます。一方代表的なブランデーの種類はコニャック・アルマニャック・カルバドスです。

何によって種類分けされるのかというと、主に産地と原材料です。
たとえば、コニャックはフランスのコニャック地方で生産されるブランデーで、カルバドスは林檎が原材料のブランデーです。シャトー・ド・ブルイユのブランデーは、カルバドスに分類されます。

カルバドスはフランス北西部のノルマンディー地方で、林檎を原材料に「発酵」→「熟成(最低5年間)」→「蒸留」という工程で作られます。
シャトー・ド・ブルイユのブランデーはリムーザン産、トロンセ産のオーク樽を使って熟成され、フルーツの瑞々しさや、深い味わいが特徴です。

それでは、続いてシャトーの商品別に、どのような味がするのか見ていきましょう。

シャトー・ド・ブルイユのブランデー

7e41a5e17842fdc0848dcdf60977631d_s

シャトーの定番ブランデーの「シャトー・ド・ブルイユ フィーヌ」「シャトー・ド・ブルイユ XO」についてご紹介します。

シャトー・ド・ブルイユ フィーヌ

シャトー・ド・ブルイユ フィーヌの特徴を一言で表すと「カルバドスの入門にピッタリなブランデー」です。
味はフルーティで、リッチ。
クセも無いので、最近ブランデーを飲み始めた、飲みやすいカルバドスを飲みたい、というときにシャトー・ド・ブルイユ フィーヌはオススメです。価格は5千円ほど。

シャトー・ド・ブルイユ XO

シャトー・ド・ブルイユだけでなく、ブランデーの商品名には「XO」とつくものも多いです。
XOはブランデーの熟成ランクを表す用語で以下のような熟成ランクがあります。

・VSOP(熟成7~10年)
・ナポレオン(熟成12~15年)
・XO(熟成20~25年)

ブランデーは複数種類の原酒を混ぜて作られることが多いです。そうなると「じゃあ、熟成年が違う原酒を混ぜたらランク表記はどうなるの?」と感じる方もいるでしょう。
これに関しては、「配合した原酒の中で一番熟成年短いものを基準にランク表記する」ようになっています。

ブランデーの価格に関してですが、一般的には熟成年数が長いほど高価になります。100年以上熟成されたものもあり、数百万円で取引されることも。

シャトー・ド・ブルイユXOの価格は1万円前後です。味はしっかりとしていて強く、渋み成分であるタンニンも豊富で、蜂蜜・シナモンなどのフレーバーを感じることができるでしょう。

シャトー・ド・ブルイユのオススメの飲み方

eef35e14dbaa7df0a95a6089f406fa12_s

シャトーのオススメの飲み方は、「ブランデー単体で飲む」「10~20度の温度で飲む」です。

ブランデーは味だけではなく、香りも楽しむお酒です。そのため料理と一緒に飲むよりも、ブランデー単体で味わったほうが楽しむことができます。そして、ブランデーの香りがいっそうひきたつのは、室温と同じくらいの温度です。そのため、10~20度で飲むと良いでしょう。

今回紹介したシャトー・ド・ブルイユは蜂蜜・スパイス・シナモンといったアロマが確認されています。
口に入れた瞬間や、ブランデーを飲み込んだあとなど、時間によっても感じられるアロマは変わってきますので
そうした変化も楽しんでみましょう。
特にシャトー・ド・ブルイユXOは、余韻が長いため、さまざまな香りを楽しむことができるでしょう。
ブランデーを飲むようになった当初はフレーバーやアロマの違いがわからなくとも、飲み続けているうちに舌が育ってくると言われています。

そのため、一口飲んで「どのブランデーも一緒だな」と思わず、舌を鍛えるつもりで「あ、これはシナモンのフレーバーだな」「バニラのアロマを探してみよう」と意識して飲むのも良いでしょう。
このような飲み方を続けていれば、ブランデーを飲んだだけで、「このブランデーの産地は〇〇だな」「〇〇のアロマが良い!」と感じることができるようになります。

おわりに

shutterstock_611171723

今回はシャトー・ド・ブルイユのブランデーをご紹介しました。
シャトー・ド・ブルイユのブランデーは主に林檎から作られたカルバドスで、10~20度で飲むのがオススメです。
フルーティでリッチな風味が、贅沢な時間を演出してくれるでしょう。

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら