福岡のお酒買取専門店 福ふく | 全国対応で無料査定・高価買取中!

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

シャンパンの賞味期限と美味しさを保つ方法について

日本で有名な高級スパークリングワイン「シャンパン」。こだわり抜かれた製法で、超高品質なシャンパンは世界的にも有名で、ファンの多いお酒です。クリスマスパーティーや誕生日パーティーなどのイベントごとでは、シャンパンを飲む人が多いです。圧倒的なブランド力があり「特別」な存在です。

そんなシャンパンについて、「賞味期限」や「基礎知識」、「美味しさを保つ方法」まで、わかりやすく解説していきます!

シャンパンってどんなもの?

4e0a8d394fa72f3e34a520fe9c17a8ad_s
賞味期限を知る前に、まずは「シャンパンとはどんなものか?」という基礎知識を学びましょう。

「シャンパン」はフランスのシャンパーニュ地方(アルデンヌ地域圏)で生産されたブドウのみを使用しています。寒冷地域のシャンパーニュで採れるブドウは、糖度が低く酸が強いです。
この強い酸が、他のスパークリングはにない、シャンパンだけの味や風味をつくりだしています。

ちなみにシャンパンに使うブドウの収穫は手摘みと決められています。ここにもこだわりが現れていますね。

瓶内二次発酵を行い、封を閉じた後15ヶ月以上の熟成を経て完成となります。この製法は「シャンパン製法」と呼ばれています。
熟成期間は、「長い方が望ましい」とされ、「ヴィンテージシャンパン」は3年以上熟成されて製造しています。

日本と同様にフランス国内でも、シャンパンは絶対的なブランドであり、他地域のスパークリングワインと比べても高額です。

シャンパンには賞味期限が記載されていない?

efa02b49089a8af65e9102daae8ec2c5_s
経験のある方もいると思いますが、シャンパンのラベルに「賞味期限が記載されていない」ことがあります。

他のお酒にも言えることですが、「飲み頃」は記載されていても、「賞味期限」は記載されていないということが多いですよね。

なぜ、シャンパンには賞味期限が記載されていないのか?それは、シャンパンが「腐る」ということがないためです。ですが、開栓後に放っておくと、酸っぱくなるなどで美味しく飲めなくなります。ですが未開封なら、決められた期間内に美味しく飲めることができます。

未開封のシャンパンの賞味期限はいつなのか?

65d6b82b1d238f7b82499ec140ae524d_s
基本的に、未開封のシャンパンが美味しく飲める期間は「地下貯蔵庫での熟成期間と同じ」とされています。ですので、通常のシャンパンなら出荷後「1〜2年」、ヴィンテージシャンパンなら出荷後「3〜5年」ということになります。

だからと言って、その期間内ならいつでも美味しく飲めるというわけではありません。未開封でも保存状態が悪いと、劣化して味が落ちてしまうことがあるのです。

シャンパンの保管方法

シャンパンは非常にデリケートなお酒です。未開封のシャンパンの劣化の原因は、ただ1つ「保存状態」にあります。せっかく美味しいシャンパンでも、保存状態が悪いと、どんどん劣化が進んでいきます。

目安の期間内に美味しく飲めるかどうかは保存状態にかかっているのです。

劣化してしまう条件

具体的には、シャンパンが劣化してしまう条件として、

・ 急激な温度変化
・ 常時、光が当たっている
・ 湿度変化
・ 匂いの強い物と一緒に保管している
・ 振動

などが挙げられます。これらの条件に1つでも当てはまると、劣化が進んでしまいます。
ですが、これらの条件を避けることができれば、長期間、シャンパンの品質を保つことができます。

シャンパンの品質を保つコツ

シャンパンの品質を保つために最も良い保管方法は「ワインセラーで保管する」ということです。ですが、よほどのワイン好きでない限り、「家庭にワインセラーを置いていない」というのが現実ですよね。
なので、普通の家庭でもできる保管方法を解説していきます。

10~15度の冷暗所で保管する

935b3a8849793f33ae5151d3b0770ea1_s

先に挙げた通り、シャンパンは温度変化に弱いお酒です。なので、冷蔵庫の中でも比較的温度の高い「野菜室」での保管が良いと言われています。冷暗所という条件も満たしていますね。

また、冷やしすぎも良くないので温度を低くしすぎないよう注意してください。

むやみに振動を与えない

shutterstock_334697651

シャンパンの気泡のために、振動を与えないのは重要です。振動を与えてしまうと、シャンパンの気泡が大きくなり、開栓時に勢いがついてしまいます。気泡が抜けてしまう原因になりますので注意しましょう。

ちなみに、シャンパンを美味しく飲むコツとして、シャンパン購入後は「気泡を落ち着かせる」ために2〜3か月ほど、開栓せずに置いておくのがオススメです。

シャンパン単体での保管

シャンパンを匂いの強い物と一緒に保管していると、コルクなどからその匂いが移り、風味が変わってしまうことがあります。

シャンパン単体、もしくは他のワインなどと保管するのが良いです。冷蔵庫の野菜室での保管の場合は、くれぐれも匂いの強い食材との同時保管は避けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?シャンパンの「美味しく飲める期間」、そして「品質を保つ方法」を深くご理解いただけたかと思います。

せっかくの美味しいシャンパン、飲むのなら少しでも美味しく飲みたいですよね。

・ 急激な温度変化
・ 常時、光が当たっている
・ 湿度変化
・ 匂いの強い物と一緒に保管している
・ 振動

すべてを避けるのは難しいかもしれませんが、品質を保つために上記のことはなるべく避けましょう!

期間にもしっかり気をつけ、未開封の美味しいシャンパンを保ちましょう!

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら