福岡のお酒買取専門店 福ふく | 全国対応で無料査定・高価買取中!

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

ワインの王様「バローロワイン」を賢く選べる方法

ワインの有名な産地は?と聞かれてイタリアと答える人も多いのではないでしょうか。その中でもイタリアには「ワインの王様と」の呼ばれる『バローロ』と呼ばれるワインがあることをご存知でしょうか。
これもまた、ワイン好きな人なら「何をいまさら言ってるの?」という顔をするかもしれません。それほどバローロワインと言えば有名で、親しまれ愛されてきたワインの中のワインです。
そこで、ワインにそれほど詳しくない人にもバローロワインのことが分かるように、ここで解説致しましょう。

ワインの王様バローロとは?

b23f1c0ccf10bad265448cd3b6d7bbe8_s

バローロはワインの王様と呼ばれ、イタリアでは最高峰のワインという位置付けです。イタリア北西部のピエモンテ州にバローロと呼ばれる村があり、バローロワインはその村周辺で生産される赤ワインの一つで、イタリアではDOCG規格に格付けされるワインです。
イタリアには、ワイン法と呼ばれるワインの格付けを規定する法律があります。そのワイン法では、格付けは上位から順にDOCG・DOC・IGT・VdTと4つに分類されており、その中でもDOCGは「統制保証付原産地呼称ワイン」のことで、格付け上もっとも厳正な規定が設定されている格付けです。
このようにワインの格付けからも、バローロワインは最上位の位置付けであり、だからこそワインの王様と呼ばれるようになったのかもしれません。

バローロワインの味はどうなの?

4677618469bc287b74207c3dcb5cfd2f_s

では、バローロワインの味の方はどうでしょうか。ワインの味の決め手となる一つが、ワインの原材料であるぶどうの種類です。バローロワインの原材料に使うぶどうは、「ネッビオーロ」という種類でタンニンという成分の含有率が高く、長期熟成に向いているぶどう種として知られています。
バローロワインはこのネッビオーロ100%で作られていて、コクが深く確かな渋みがあり色が濃いのが特徴で長期熟成に耐えられるワインです。
このぶどうを使い熟成されたバローロワインは、重厚な味わいでアルコール度数も高いワインに仕上がっていると言われています。これは、イタリアで作られる多くのワインが、酸味は強いがタンニンが少なく軽い感じの味であることと対照をなしています。

バローロワインの選び方

2e789664e116090c8bd3ed2729ea7681_s

ひと口にバローロワインと言っても、種類は多く味も価格もさまざまです。そこで、どのような点に注意してバローロワインを選べばよいか、そのポイントについて解説します。

価格

安価なものは3千円程度で購入できますが、それなりの味になってしまうので、多く出回っている1万円前後のものから選ぶのがよいでしょう。また、ヴィンテージものやつくり手次第で高値に設定され数万円のものもあります。お金に余裕があれば、買ってみてもよいかもしれません。

つくり手

バローロワインも他のワイン同様に、つくり手次第で味の個性が大きく違ってくると言われています。醸造法には、昔ながらの手法による伝統的スタイルとフランスのブルゴーニュ地方で発達した技術によるモダンスタイル、そしてその両者の折衷スタイルという3つのスタイルがあります。
伝統的スタイルでは、タンニンや酸味はしっかりとした味わいに仕上がっています。
モダンスタイルでは、熟成期間が短めにもかかわらず果実の風味が豊かで楽しめる味わいに仕上がっています。
ワインのつくり手が、どのスタイルでワインを醸造しているかで味の個性もかなり違ってくるので、自分の味の好みに合ったワインを作ってくれるつくり手を選ぶとよいでしょう。

人気のおすすめバローロワインはこれだ!

bc5c5f5d6a82834c4bd24d1a23b49420_s

ここでは、人気の高いおすすめのバローロワインをご紹介します。以下の小見出しは、「ワイン銘柄名/つくり手名」を意味しています。

バローロ ガレッティ / ラ・スピネッタ

「ラ・スピネッタ」はモダンスタイルでワインを醸造するつくり手で、ジョルジュ・リヴェッティ氏が主宰しています。価格は、8千円前後と比較的リーズナブルな値段で購入できます。バローロ ガレッティは、「バローロ カンペ」という2万円以上する高級ワインがありますが、同じ畑で採れたぶどうを使用しています。
また、ワインの評価の指標であるパーカーポイントは、2006年のヴィンテージものが91点という高得点を獲得しています。
パーカーポイントとは、アメリカのワイン評論家のロバート・パーカー氏が考案したワインの色や香り、味などから総合判断し100点満点で評価する指標のことで、ワインを購入するときの判断材料の一つになっています。

バローロ ブッシア / プルノット

「プルノット」はイタリアの「アンティノリ」という名門ワインメーカー傘下のワイン製造業者です。
このつくり手の醸造スタイルは、伝統とモダンの折衷スタイルです。
バローロ ブッシアは、ぶどうを栽培する畑の中でも良質のぶどうが採取できると評判のブッシアという畑のぶどうを使っています。このバローロの価格も1万円前後と比較的リーズナブルです。

バローロ モンプリヴァート / ジュゼッペ・マスカレッロ

「ジュゼッペ・マスカレッロ」は、1881年からワイン製造に携わっている老舗のワイン製造業者で、伝統スタイルでワイン醸造を行っています。ぶどう栽培の畑の土壌には特に気を遣っていて、ぶどうの樹を定期的に取り除いて土壌を休ませ、ぶどう栽培に適した状態に土壌を整えたりします。
そして、品質的に満足できないぶどうができたときには、ワインづくりには使用しないそうです。ですので、畑の良し悪しには特に注意を払っていて、バローロ モンプリヴァートは、モンプリヴァートというトップレベルの畑から採れたぶどうを使っています。このバローロは高級ワインの位置付けで、価格も数万円レベルです。

まとめ

b5257049b37f1319e984411d4f4118d8_s

いかがでしたか?ワインはあまり嗜んだことはないけど、これから飲んでみようと思っているワイン初心者のかたはもちろん、既にバローロワインのことを知っていた人にも、多少の知見が得られた記事になっていたら幸いです。
ワインについては、その芳醇な香りや深いコクを味わう楽しみは無論のこと、それ以外でもワインにまつわるさまざまな蘊蓄を友人知人に分け知り顔で語って聞かせるのもまた楽しいものです。ぜひ、ワインを楽しんでいただければと思います。

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら