古いウイスキーは未開封でも飲める?賞味期限や買取について | お酒の高価買取 福ふく

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

古いウイスキーは未開封でも飲める?賞味期限や買取について

コレクションしていた未開封の古いウイスキーがずっと眠っているというお家が多いのではないでしょうか?家族や友人にウイスキー好きがいれば、飲むか贈るかの手段がありますが、いなければずっと眠ったままの状態になりますね。
そもそも、ウイスキーに賞味期限はあるのか?何十年以上経っているけど飲んでも大丈夫なのか?未開封ならお酒の買取などで高く買ってもらえるのだろうか?などいろんな考えが浮かぶと思います。今回は、未開封の古いウイスキーの賞味期限や買取などの最適な手段についてお話しします。

古い未開封のウイスキーの賞味期限は?

shutterstock_559773880

ウイスキーは開封していたとしても賞味期限はありません。ウイスキーは蒸溜しアルコール度数の高いお酒なので、未開封で保存状態がよければ、品質を保つことができます。そのため、賞味期限というものがありません。しかし、開封済みの古いウイスキーの場合は、賞味期限切れというより味の劣化が予想されます。一度、栓を開けて開封してしまうとウイスキーが空気に触れて酸化するため劣化が進んでしまいます。

また、未開封であっても保存状態が悪ければ、ウイスキーを劣化させてしまいます。例えば「気温や温度が高いところ」「温度の変動が多いところ」「匂いが強いところ」などに古いウイスキーを置いておくと、未開封であっても劣化してしまいます。ただ、賞味期限切れで腐っているのではなく味の劣化なので飲めないわけではありません。

未開封の古いウイスキーは買取してもらえる?

shutterstock_211333642_2

上記でお話したようにウイスキーは賞味期限がないので、比較的買い取ってもらいやすいお酒です。特に古いウイスキーでも未開封であれば買い取ってもらえる可能性が高いです。問題は、未開封であってもどのように保存していたか?という点が買取のポイントになります。ウイスキーに賞味期限はなくても保存状態により味がかなり落ちてしまっている場合は、買取不可能です。

一度も開けずに家に置いたままになっている古いウイスキーは、どんな場所でどんな風に保存されていましたか?直射日光が当たらない場所や涼しい場所、栓がしっかり閉められた状態で保存されていたなら高く買い取ってもらえる見込みがあります。

そして、古いウイスキーのもう一つの買取ポイントは、お宝な銘柄であるか?という点です。ウイスキーは、人気の銘柄ほどよく売れるので販売本数が次第に減ってきます。だからこそ、未開封の古いウイスキーの中にお宝な1本があるかもしれないのです。

未開封の古いウイスキーを高く売る3つのコツ

ブラントン-シングルバレル 1500円

未開封の古いウイスキーは、基本的に保存状態が良くてお宝な1本であるほどに高く買い取ってもらえる確率が上がります。その他にも、次の3つのコツを押さえることで、より高い値で未開封の古いウイスキーを買い取ってもらえるかも知れません。

付属品がある状態で査定に出す

未開封の古いウイスキーには、化粧箱やクリスタルでできた替栓などがついていませんでしたか?ウイスキーを自分で買ったのではなく、贈り物としてもらった場合、よく貴重な付属品がついています。
そうした付属品もウイスキーのコレクターにとっては貴重な一品となりますから、できるだけ付属品がある状態で査定に出すと、高く買い取ってもらえる可能性があります。

また、バカラボトルも貴重です。バカラ製のボトルに入ったウイスキーは、たとえ中身がなくてもウイスキーの味が劣化していても、工芸品としての価値があるので高く買い取ってもらえるかもしれません。

できるだけ早い目に査定に出す

ウイスキーには賞味期限がないので「いつか査定に出してみよう。」と呑気に構えてしまいがちですが、時間が経つほどに味の劣化は進んで行きます。たとえ、涼しい場所で保管していたとしても栓が傷んでしまっていた・・・というような理由で劣化していることもあるので、早めに査定に出しましょう。
どれくらいの価格になるのか?古いウイスキーの価値や今の状態を知るために査定に出してみるのもいいかもしれません。

ボトルやラベルを綺麗な状態にする

未開封の古いウイスキーは味も大事ですが、見た目も大事です。買取サイトでは、必ず売りに出ているウイスキーの写真も投稿されますね。それは、ウイスキーのコレクターやウイスキー好きにとって、ウイスキーのビジュアルも大事だからです。

見た目を少しでも良くするためには、ボトルやラベル、箱、付属品などを綺麗な状態にすることです。埃や泥、汚れがついているのなら、できる範囲で綺麗にしてから査定に出しましょう。あまりにも汚れがひどい場合は、買い取ってもらえないこともあります。

まとめ

fc4b621be9dc7f33d37ad423ce7f5628_s

家に眠っている未開封の古いウイスキーは、実はかなり高く売れる貴重な1本かもしれません。ウイスキーに興味がない人にはその価値はわからないかもしれませんが、見る人が見れば、一目で価値がわかります。もちろん、お酒買取店は古いウイスキーの価値を正しく見抜く目を持っているので、価値を知るためにも査定に出すべきでしょう。

未開封の古いウイスキーがお宝な1本だったとしたら、欲しい人の手に渡る方がウイスキーにとっても幸せなのかもしれませんね。

家に眠っているウイスキー、実は売れるんです⇒お酒買取専門店「福ふく」のウイスキー買取実績はコチラ

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら