福岡のお酒買取専門店 福ふく | 全国対応で無料査定・高価買取中!

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

意外と知らない?ウイスキーの原料

皆さんはお酒の原料を気にされたことはありますか?有名なところでは、ワインはぶどう、日本酒は米、ビールは麦、などの原料は知っている方も多いと思います。
では、ウイスキーの原料はどうでしょう?普段ウイスキーをあまり口にされない方はどのような原料を使っているか知らない方も多いと思います。
ワインや日本酒、ビールは原料を発酵させる醸造酒で、ほぼ単独の原料しか使わないので、原料が分かりやすくウイスキーやブランデーといった蒸留酒は複数の原料を使うことも珍しくないので、原料に何を使っているのかが分かりにくいかもしれません。今回はウイスキーの原料に焦点を当ててご紹介していきます。

大麦麦芽が重要

a0960_005705

ウイスキーの原料は穀物です。穀物を発酵させた「もろみ(ウォッシュ)」というウイスキーの素になるお酒を蒸留したものになります。穀物であれば何でもよいのですが、風味よく仕上げるためには使用する穀物は決まってきます。小麦、トウモロコシ、ライ麦が主な原料です。
そして、原料の中で最も重要なものが大麦です。「もろみ」を作るときには大麦を発芽させ、大麦麦芽にして使用します。麦芽に含まれる酵素を利用してデンプンを糖に変え、麦汁を作り発酵させたものが「もろみ」なのです。

これは、ビールの製法と非常に似ていて、極端に言えばウイスキーはビールを蒸留し、熟成させたものとも言えるかもしれません。使用する大麦にも種類があり、穂の形の違いで二条、四条、六条と分かれます。ビールやウイスキーなどの酒造りには二条大麦が適していると言われます。これは大麦の中でも特にデンプンが多く、アルコール生成に向いているからです。
大麦麦芽は、ほぼすべてのウイスキーに使用されます。特にスコッチウイスキーで「モルトウイスキー」と言った場合は大麦麦芽だけを使用したウイスキーのことです。
スコッチウイスキーのもうひとつの種類「グレーンウイスキー」は大麦麦芽1に対してトウモロコシを5の割合で使用します。これはグレーンの使用方法として、モルトとブレンドをすることが多く、飲みやすさを追求しているためです。

原料とはあまり関係はありませんが、スコッチの最大の特徴は大麦麦芽を乾燥させるときに、ピートと呼ばれる泥炭を使います。このピートの香りが大麦に付き、独特なスコッチの香りになります。このように大麦麦芽はウイスキーにとって、なくてはならない原料なのです。

その他の穀物

a1180_010450

前述しましたとおり、ウイスキーには大麦以外の原料も使用されています。使用する穀物の種類によって味や香りが異なり、様々な風味のウイスキーが楽しめます。
アイリッシュウイスキーとジャパニーズウイスキーはスコッチ系なので、大麦を主原料としていて、熟成方法により味に変化を出しています。しかし、世界5大ウイスキーと呼ばれるものの中には、原料により個性的な味に仕上げているものがあります。
代表的なものはトウモロコシを使用する、野趣溢れる風味が特徴のバーボンでしょう。
バーボンは、トウモロコシを51%~79%使用するウイスキーです。トウモロコシを80%以上使用するとコーンウイスキーと呼ばれます(アメリカの国内法による)。原料にトウモロコシを使用することで、あの香ばしい独特の風味が生まれているのです。
日本ではあまり馴染みがないかも知れませんが、ライ麦を使用したウイスキーもあります。カナディアンウイスキーと呼ばれるもので、こちらも世界5大ウイスキーとして数えられています。
ライ麦とは、小麦や大麦よりも寒さに強い穀物で、寒冷地で収穫されています。カナダなどの寒さが厳しい地域では最適な穀物です。このライ麦を原料としたカナディアンウイスキーは飲み口が軽く、爽快なのど越しで知られます。

まとめ

90d8153abb6f9a0d9aed2c7bf4d62544_s

ウイスキーは穀物から作られ、なかでも大麦は重要な役割を果たします。それは、ヨーロッパ、アメリカでは麦やトウモロコシが主な農産物だったからです。
日本であれば米が主な農産物なので、米を原料とした日本酒が生産されてきました。
また、ブランデーは果実酒が原料で、主にぶどうです。フランスやイタリアなどワイン作りが盛んな地方はブランデーも生産しているのです。
昔からそれぞれの地域で、それぞれの風土に合ったお酒が作られてきました。お酒の原料を見て、その地方の歴史を想像してみるととてもおいしいおつまみになるかもしれません。
皆さんもウイスキーが、原料の違いでどれだけ味わいが異なるのか、ぜひ飲み比べてみてください。

家に眠っているウイスキー、実は売れるんです⇒お酒買取専門店「福ふく」のウイスキー買取実績はコチラ

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら