福岡のお酒買取専門店 福ふく | 全国対応で無料査定・高価買取中!

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

知っておきたいブランデーの「XO」とは?

ブランデーについて知り始めると、必ず耳にする「XO」というワード。なんとなく良いお酒についてのワードである気はするけれど、一体何のことを意味するのかわからない、という方も多いのでは?
今回は「XO」を含めた、わかりにくいブランデーのランクについてご紹介します。ぜひ一通り知識をつけて、より楽しくブランデーを嗜みましょう!

ブランデーの「ランク」

ブランデー xo 1
コニャックブランデーやアルマニャックブランデーは熟成年数によってランクづけがなされています。実は「XO(Extra Old)」もそのランクの一つです。これはそれぞれのフランスの事務局による厳格な基準の下定められています。

「コニャック」「アルマニャック」とは?

そもそも「コニャックブランデー」や「アルマニャックブランデー」とはなんでしょうか?両方ともブランデーの一種であり、高級ブランデーを代表するものです。
コニャックはフランスのコニャック地方、アルマニャックはフランスのアルマニャック地方で作られたブランデーの内、産地はもちろんブドウの種類や製法などの様々な厳しい基準を満たしたものだけが名乗ることを許されます。共に長い歴史を持ち、古くから王侯貴族に愛されてきたブランデーです。

このコニャックブランデーとアルマニャックブランデーは、その熟成年数によって厳格にランクづけがなされています。しかしその他のブランデーはラベルの表示について規制がないので、例えばコニャックと同じランク表示であっても中身の品質は異なる場合があります。ですので、ランクをチェックするときはコニャックかアルマニャックかそれ以外か、ということも同時に忘れずにチェックするようにしましょう。

ランクの名称

ブランデーのランクは熟成年数によって以下のように区分されています。
(下へ行くほどランクが高くなります。)

・スリースター
・VS (Very Special)
・VSOP (Very Superior Old Pale)
・ナポレオン
・XO (Extra Old)
・Hors d’âge(オール・ダージュ)

「XO」とは、このランクづけの下から2番目に該当するランクです。お酒の名前と勘違いされやすい「ナポレオン」も実はこのランクの一つになります。

ブランデーの熟成年数を表す「コント」

ブランデー xo 2
ブランデー(コニャックもしくはアルマニャックブランデーのみ)のランクづけは熟成年数によって定められているとお伝えしました。そのブランデーの熟成年数を表す単位に「コント」というものがあります。このコント数によって「XO」や「ナポレオン」などのランクが決まるのです。多くのブランデーは複数の原酒を調合することによって作られますが、その調合された中で最も若い原酒のコント数がブランデー自体のコント数になります。

コントにおける年月の数え方はコニャックとアルマニャックで異なり、コニャックは「4月1日から翌年3月末日」、アルマニャックは「5月1日から翌年4月末日」の周期でカウントします。
コニャックの場合、蒸留した年の樽の原酒を「コント00」とし、翌4月1日から「コント0」、以後「コント1」、「コント2」と4月1日を迎えるたびに数えていきます。

知っておきたいブランデーにおける「熟成」とは?

ではブランデーにおける「熟成」とはどういったことを意味するのでしょうか?
ブランデーはワインと同じように、ぶどうを原料として発酵、蒸留することで作られます。その蒸留した原酒を樽の中で長期間寝かせることを熟成と呼んでいます。そして出荷時に瓶に詰められると、それ以上熟成が進むことはありません。よく家でブランデーを長い年月置いておくと熟成が進み美味しくなると誤解されがちですが、保存環境などによっては劣化こそすれ熟成が進んで美味しくなることはない、というのが定説です。売る場合も早めに出す方が良い値段がつく可能性が高くなるので注意しましょう。

ブランデーは蒸留したての時無色透明ですが、熟成させることでまろやかな琥珀色になります。また70度ほどだったアルコール度数も40度ほどに落ち着き、樽の木材などによって芳しい香りがつきます。このように、ブランデーを語る上で「熟成」に関わる事柄は非常に重要な意味を持つのです。

「XO」の場合のコントとは?

ランク「XO」のブランデーは、コニャックとアルマニャックで以下のコントを意味します。これは先述したように、ブレンドされている原酒の中で最も若い熟成年数(コント)で考えていることに注意してください。

・コニャックXO
コント6(熟成年数7年)以上のブランデー
・アルマニャックXO
コント5(熟成年数6年)以上のブランデー

このように「XO」のブランデーとは、ブランデーの中でもランクが高く熟成期間が長めなものになります。

「XO」のオススメ銘柄3選

ヘネシー-XO-金キャップ-クリアボトル-1
では「XO」のブランデーでオススメな銘柄を3つご紹介します。
・「ヘネシー X.O.」
世界でも高級ブランデーとして名を馳せるヘネシーのXOクラス。ヘネシーらしさを味わうことができ、豊かな香りと濃厚な味わいを楽しめます。普段用としてはやや贅沢なコニャックですが、美味しいブランデーが飲みたいという時には間違いのない1本です。

・「カミュ X.O. エレガンス」
軽やかで上品な味わいを楽しめる人気の銘柄です。まろやかでありながらも、フローラルやスパイスの香りが感じられ、日本人の好みにも合っていると言われます。カミュを試してみたい時の最初の1本にもオススメです。

・「クルボアジェ X.O.」
XOクラスでクオリティの高さと値段の手頃さを考えると最もオススメな銘柄。滑らかな口当たりと贅沢な味わいが楽しめ、ボトルも美しいので家で飲むときにも気分が盛り上がります。ブランデー入門としても勧められることの多いお酒です。

いかがだったでしょうか?
今回ご紹介した知識を、ぜひこれからブランデーを飲むときや買うときの参考にして、よりブランデーを楽しんでくださいね。

家に眠っているブランデー、実は売れるんです⇒お酒買取専門店「福ふく」のブランデー買取実績はコチラ

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら