福岡のお酒買取専門店 福ふく | 全国対応で無料査定・高価買取中!

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

知っておきたいワインの売り方 ~賢く売るためのコツ~

「家に飲まないワインがあるけど、どうしよう?」そういう時、あなたはどうしていますか?人にあげる?無理して飲む?極端な例では、捨ててしまうという強行策に出る方もいます。

しかし、ちょっと待ってください!そのワイン、売れるかもしれません。いま、ワインを買い取ってくれる業者さんはたくさんあるのです。

「売り方が分からない」「持っているワインが売れるか知りたい」と思っている方に、今回は賢くワインを売るコツをお教えします!

ワインとはどのようなもの?

SW198_L

まずワインを売る前にワインの基礎を知っておきましょう。ワインの知識を深めれば、売り方のヒントにもつながります。

ワインとは、ぶどうを発酵させて作る醸造酒です。ぶどう果汁を自然酵母によってアルコール発酵させて、熟成させて作ります。

ワインの種類を大きく分けると「白ワイン」「赤ワイン」「ロゼワイン」に分けることができます。それぞれ名前の通り色や味が違うのは皆さんもご存知だと思います。

では、なぜ色や味が違うのか?それは原料と発酵の方法が違うからです。

白ワインは果皮の色の薄い白ぶどうを原料として、その果汁のみを発酵させます。

赤ワインは黒ぶどうや赤ぶどうを原料として果皮も発酵させます。そうすることで、果皮に含まれる色素や渋みの元となるタンニンが多くなり、色の違いだけではなく、味わいも違ってくるのです。

ロゼはフランス語で「ピンク」と言う意味です。製法は色々あり、色の薄いぶどうを赤ワインのように醸造したり、赤ワインに使用するぶどうを白ワインのように醸造するなど様々な方法があり、味わいも製法により変わります。

売れるワインの条件

845d1081869df7a70cf6f943a791e802_s

どのようなワインが高値で取引されているのか。やはり気になりますよね。その条件は、「産地」「ヴィンテージ(醸造年)」です。

ワインの産地

ワインの発祥の地は、ロシアの西南部のコーカサス地方だと一説には言われています。
主な産地は、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、カリフォルニア、チリ、ニュージーランド、オーストラリア、日本などが有名です。
ここではフランスワインを例に、どのような条件なのか説明していきましょう。

ヨーロッパは歴史的にも古くからワインを生産してきました。その中でも特にフランスは評価が高いものが多く、三大銘醸地と言われるボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ地方では多くの名品が生まれています。

ワインの生産はボルドー地方であれば「シャトー」、ブルゴーニュは「ドメーヌ」と言われるぶどう畑を持つ団体あるいは個人が、ぶどう栽培から瓶詰めまで行います。

ボルドー地方のシャトーはひとつのぶどう畑を単独で所有しますが、ブルゴーニュ地方のドメーヌという意味は「領地」と言う意味で、ひとつの畑を複数の生産者が分割して生産をしています。

そして、フランス政府はシャトー、ドメーヌに格付けをしてワインの品質を保障しているのです。格付けが高いほど高級ワインということになります。

ここで、比較的高値で取引されやすいフランスの世界的なワインブランドをあげておきしょう。

ブルゴーニュ
・ロマネコンティ(Romanée-cont)
・アンリ・ジャイエ リシュブール(Henri Jayer Richebourg)
ボルドー
・シャトー・ラフィット・ロトシルト(Henri Jayer Richebourg)
・シャトー・マルゴー(Chateau Margaux)
・シャトー・ラトゥール(Chateau Latour)
シャンパーニュ
・ドン・ペリニヨン(Dom Perignon)
・クリュッグ(Krug)

ヴィンテージ

シャトーやドメーヌをフランス政府が格付けしているというのは先ほど説明しました。
しかし、いくらグランクリュ(最高級の格付け)の産地でも農産物であるぶどうの出来は天候に左右されてしまいます。

ヴィンテージとはぶどうの醸造年(収穫年)で、その年のぶどうの状態を各国のワイン団体などがチャートにして発表しています。

このヴィンテージもワインを評価する上で重要な要素になります。例えば2010年はボルドー、ブルゴーニュとも「秀逸な年」と評価されています。出来の良い年のワインは「ヴィンテージワイン」として取引されることが多いようです。
ヴィンテージチャートはネットなどでもすぐに見られるので、ぜひ、参考にしてください。

ワインの売り方

d02ee04e7c8aca9d733558b741227141_s

最後は実際にワインを売る方法をご紹介します。

はじめにやることは、買取業者さんを探すことです。現在は多くのお酒買取業者さんがありますので、探すのは簡単です。

逆に業者さんが多くてどこにすれば良いか悩むかもしれません。そのような時は「ワイン買取専門店」を選んでみましょう。ワインはブランドも多数あり、専門的な知識も必要です。納得がいかなければ、複数の業者さんに依頼をしてみるのも良いかもしれません。

次に依頼方法です。ほとんどの業者さんが「LINE買取」や「出張買取」、「店頭買取」など複数の買取方法を持っています。中でもおすすめは「LINE(メール)買取」です。画像も送れるので、状態やラベルを見て適正な見積もりをしてもらえます。

買取時には、見た目も非常に重要ですので、ラベルや瓶はなるべくきれいにしておきましょう。特に古いワインはラベルはがれ、コルクの状態に気をつけてください。拭いているときにラベルやコルクを傷つけると値段が下がる原因になってしまいます。

まとめ

SW193_L

ワインは世界中で取引されています。特にヨーロッパでは「ワイン投資」といったものもあり、フランスでは資産価値としても認められるようです。私たちが、そこまでの高級ワインを手にすることは無いかもしれませんが、不要なワインが家にあったなら、無料の査定だけでも依頼してみたらいかがでしょうか。

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら