福岡のお酒買取専門店 福ふく | 全国対応で無料査定・高価買取中!

お酒の買取ならいつでもお気軽にご相談ください!

tel 0120-94-7004

メールでのお問い合わせ

MENU

各種酒買取紹介
サイトメニュー

× CLOSE

お酒買取ジャンル

記事一覧はこちら

お酒買取専門店 福ふく 無料査定・高価買取中!お酒買取専門店 福ふく

売ってよかった高価買取!大吉

鹿のエンブレムが目印のブランデー!ハインとは?

今回は、顔を横に向け、上品にたたずむ鹿のエンブレムが目印のブランデー「ハイン(HINE)」をご紹介します。
ブランデーを作り始めてから250年以上の歴史を持ち、英国王室御用達のメーカーともなっているハイン。
その風味や歴史はどのようなものなのでしょうか。

ハインのブランデーとは?

ハイン VSOP-Fine-Champagne-特級

ハインはフランスのコニャックで作られているブランデーです。
ハインは1763年の創業から、250年以上も続いている伝統あるコニャックメーカーです。

また、「VSOP」以上のブランデーしか生産しないことでも有名。
VSOPとは、ブランデーの熟成年に基づく階級のことです。
国際的な明確な基準があるわけではありませんが、VSOPでは18~25年熟成したものを指すことが多いです。
そのため、ハインのどのブランデーを飲んでも、風味豊かな芳醇さを感じることができるでしょう。

ハインのシンボルマークといえば、鹿。
ハインには、この鹿をモチーフにしたボトルのブランデーも生産されています。
そのボトルは、フランスのリモージュで焼かれたもので、ブルーやゴールドの種類があります。
鹿だけではなく、凱旋門モチーフのボトルも生産されました。
こちらはブルー、ゴールドに加えて、ホワイトのボトルもあります。
珍しいデザインなので、友人へのプレゼントとしても良いかもしれません。

ハインの歴史

4509e58c644180649d8f814fe52439be_s

英国王室御用達の伝統あるブランデー・ハイン。
ハインは1763年創業とされていますが、当時はまだその名を名乗っていませんでした。
ハインという社名になったのには、1人のイギリス人男性が関係しています。
彼の名前はトーマス・ハイン。

トーマス・ハインは1791年のフランス革命の真っ只中、フランス語を学ぶため、コニャック市に留学しました。
そこでトーマス・ハインはフランソワーズ・エリザベスという女性と出会い、結婚します。
フランソワーズの父親は、フランスでコニャックを販売するランソン&ドラマン社の社長。
フランソワーズと結婚したことにより、トーマス・ハインもコニャック作りに関わることになりました。
その後1817年に社名をハインに改名。
フランス語では、「HINE」を「イーヌ」と呼びます。
しかし、トーマス・ハインがイギリス人ということで、「ハイン」に決まりました。

ハインの風味は?

shutterstock_225205150

ハインのブランデーの特徴としては、以下が挙げられます。

・最初にフルーティさが感じられる
・タバコのようなフレーバー
・エレガント
・ライト

コニャックをよく飲む人の中には、ハインのブランデーは、ほかのコニャックよりも大人しい・マイルドという印象を持つ方もいるようです。

ハイン アンティーク XO

そんなハインのブランデーでオススメなのが、「ハイン アンティーク XO」です。
グランド・シャンパーニュと、プティ・シャンパーニュから選び抜かれた40種類もの原酒がブレンドされています。
バニラの香りがフッと広がり、飲んだときの贅沢感に繋がります。
また、甘みだけでなくスパイシーさも兼ね備えているのが、ハイン アンティークXOの特徴です。
そのほか、リコリスの風味も。
このように、さまざまなフレーバーを含んでいることから、アンティークXOは、ハインのブランデーの中でもバランスの取れたブランデーと言えるでしょう。
1万円ほどで購入することができます。

オススメのハインの飲み方は?

shutterstock_611171723

ブランデーは、そのブランデーだけでなく、雰囲気も味わうもの。
間接照明でほの暗く、静かな部屋で、本革のチェアーに腰掛けて飲むと、よりいっそう優雅な気分を味わうことができるでしょう。
ただし、そのような環境をつくるのは難しいかもしれません。

そのため、ブランデーを注ぐグラスだけでもこだわってみることをオススメします。
ブランデーグラスというと、石原裕次郎さんが持っているようなグラスが大きいものをイメージする方も多いかもしれません。
しかし、グラスが大きいと手の体温がブランデーに伝わってしまい、風味が損なわれてしまうとも言われています。
なぜなら、手の体温により、ブランデーのアルコールが揮発し、刺激臭が発生するからです。
そのため、なるべくグラス部分が小さいブランデーグラスをオススメします。
定番と言われているのは、オーストリアのメーカー「リーデル」です。
数千円以上するブランデーグラスもありますが、千円ほどで買えるものもあるため、この機会にお気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか。
同じブランデーでも、ブランデーグラスが変わっただけで、違った風味の印象を受ける方もいます。

なお、よりいっそう香りを楽しむためには、ブランデーを15~20度の温度に保つことをオススメします。

おわりに

eef35e14dbaa7df0a95a6089f406fa12_s

今回は鹿がシンボルマークのコニャック「ハイン」についてご紹介しました。
ハインはほかのコニャックよりもライトな味わいで、バランスが取れている印象を受けます。
この機会にぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。

郵送買取!! 査定・送料は無料です

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

初めて買取を行われる方はこちらもご覧ください

スマホで簡単にお酒の査定ができます!

査定後の買取申込書はこちら